ホーム > 趣味 > オーボエのパフォーマンス

オーボエのパフォーマンス

オーボエのパフォーマンスで、単に響きを引き延ばすだけでなく、何らかビブラートをかけたい、という機会がありますよね。ビブラートは、やりすぎない度合いに役だてると、実に気持ちよく音響します。しかしビギナーには、とってもきついプレイ方法です。そこで今回は、オーボエのビブラート基底習練方法とコツをお話します。

オーボエの場合、ビブラートは下腹でかけます!それでは、くわしくビブラートを進展させるための訓練方法をお話しますね。 

オーボエでビブラートを張る習練

佐藤亮一 オーボエ上達講座DVD

オーボエでムズい音楽フレーズが上手に吹けなくて悩んだときは、いつまでも同然のことを習練するより、とまれかくまれ基礎に返ることが最初です。

何事もそうですが、根本原理をぎゅっと固めておけば、苦悩は大変軽くなります。ヴィブラートの訓連や音程は、多数が腹式呼吸の困難です。 ヴィブラートの習練は、先ずは出しやすいトーンでロングトーンをしながら、腹筋にグッと活力を入れて、音程を瞬く間に上げます。そしてまた、本元の音程に戻します。 

配慮することは、元の音程に戻す前に、逆に音程が下がってはいけません。必ずや下腹で支えて、元に戻します。図に描けば、音程というまっすぐなラインに山場ができるように、決して谷間ができないように、音程をフッと上げるのです。

 


関連記事

  1. 朝に起きても疲れが取れていない

    転職してしばらくの間、夜なかなか寝付けないことがありました。眠りも浅く、朝起きて...

  2. オーボエのパフォーマンス

    オーボエのパフォーマンスで、単に響きを引き延ばすだけでなく、何らかビブラートをか...